愛犬のおやつは十分に分量を注意して与えるべし。

乳酸菌が含まれたブルーベリー味の犬用おやつ、愛犬好みだなと思えたので買ってみた。
いつもはデンタル系かフィッシュ系のおやつしか買わないが、シニア世代に突入しつつある愛犬達なので目に良いと聞くブルーベリー味を試してみた。
なかなか気持ちがいいほどの食いつきぶりで、こういうのも好きだったんだねと飼い主はご機嫌でした。おやつの袋には適量が記されているが私が与えるのは種類問わず1日1粒だけと決めていた。ところが休日で1日家で過ごしていた時のこと。「本日のおやつ」を与えたのかそうでなかったのか思い出せず、たまには午前に1粒、午後に1粒になってもいいか〜?と油断してしまった。もちろん愛犬は「今日は何の特別な日?」とばかりに喜んで食べていた。
翌日の夜中、異様な臭いに目を覚ました。とても良からぬ臭いに部屋の電気をつけた瞬間、絶句。なんと愛犬は下痢を起こしていた。初めての症状に何が起きたのか?慌てて外へ連れ出し、治まるまで便をさせた。部屋に戻ったらとてつもない異臭に部屋を喚起し、ブツを片付け、消臭スプレーで除菌し、スチームクリーナーで消毒した。
片付けながら、愛犬のお尻を拭きながら、自分が書き留めた記録ノートを思い返した結果、考えられるのは乳酸菌入りのおやつしかなかった。
愛犬にとって、このおやつは毎日1粒が適量〜多いくらいの量だったのだろう。それを少なからず私は2粒あるいは3粒を与えてしまったのかもしれない。かわいそうなことをしてしまった。きっとお腹もしくしくと痛かったことだろう。常備している整腸剤を2回与えたら3日ほどで元の便に戻ってくれた。今後は十分に気をつけないといけないと深く反省させられる出来事だった。

愛犬のおやつは十分に分量を注意して与えるべし。