国連協力や国連総会の貫徹や役割の事件について

インターナショナルアライアンスの意味について育成しました。第二次回国家戦後、世界の人々の太平への想いは強まりました。世界の指導者たちも三たび、国家コンペティションの災禍を起こさないためにコンペティションが終了する以前から、アメリカ・英国・ソ連の3ナショナリズムが中心となり、真新しいインターナショナル太平取得機構開業のための演説しあいを続けてきたそうです。その結果、1945時世にアライアンスナショナリズムはサンフランシスコに入り込み、インターナショナルアライアンス憲章にサインしました。そして同年、インターナショナルアライアンス(国連)が成立しました(原関与ナショナリズムは51か国)。国連は、総会・安泰補完理事会・景気世間理事会・信託支配理事会・国際司法裁判所・職責チャンネルを保ち、6組織の下に多数の委員会・特別組織を設けて活動しているそうです。総会は、全関与ナショナリズムによって構成されています。安泰補完理事会は、世界の太平と安泰のウイークポイントについて決定する権能をもっている。1950時世の国連総会は「太平のための結集」決議を採択しました。条約が出来ているからこそ国内は平和なんだろうなと思いました。http://thecw.co/datsumolabo-tenpo/entry6.html

国連協力や国連総会の貫徹や役割の事件について